ガラスコーティングの人気に嫉妬最新の記事

肌を老化させる恐怖の紫外線

紫外線は目に見えないのでなかなか恐怖を実感できないのですが、肌老化を招くので美肌をいつまでも維持したいと願い、毎日、エイジングケアに励む女性にとっては大敵になります。

一口に紫外線と言っても、波長の長さによって、A波、B波、C波の3つに分けられます。

この3つのうち、A波は、紫外線全体の約95%を占め、肌内部の真皮まで到達してコラーゲンやエラスチンを破壊してシワやたるみを引き起こす原因になります。

そして、日焼けを引き起こして肌を赤くしたりするのがB波です。

このA波とB波より、エネルギーが強いのがC波になりますが、オゾン層で吸収されるために地上にはほとんど届かないと言われています。

しかし、近年、環境破壊が問題となっており、もし、オゾン層が破壊されて肌に当たるようになると、直ぐに火傷を起こしてしまうほどの大問題になります。

これらの紫外線が肌に当たり続けると、光老化を促進して、シミ、シワ、たるみなどが目立つようになり、体の細胞を強力にサビつかせる活性酸素も大量に発生し、皮膚ガンになる恐れもあります。

特に、春から夏の時期は1年中で最も紫外線の量が多く、曇りの日でも、かなりの紫外線量があるので要注意です。

外出する時は、帽子をかぶってサングラスをかけたり、日傘を使うなどして、日焼け止めクリームをしっかりと利用することです。

日焼け止めクリームには、SPFやPAの数値が書かれていますが、それぞれの目安としては、短時間の外出の場合は、SPF10~20 PA+、数時間の外出の場合は、SPF20~30 PA++、野外でのスポーツをする時は、SPF30~50 PA+++などです。

また、プールや海水浴にお出かけの時は、ウォータープルーフタイプがオススメです。

自信を持って広げる羽根を!

そして、紫外線は肌だけでなく全身に影響を与えます。

紫外線のさまざまなトラブルの中で、皮膚の軽い火傷になる日焼けや、シミ、シワ、たるみなどの原因になる光老化は、多くの人が知っていることですが、その他に、細胞を傷つけた結果、DNAが損傷して皮膚ガンにつながったり、白内障、黄斑変性症などの目の病気を引き起こす場合もあります。

このように、美肌のためだけでなく健康な体を維持するためにも、普段からしっかりと紫外線対策を行いましょう。

ガラスコーティングの人気に嫉妬について


AFCストレッチマーククリーム ||アソコのにおいケアのことならイビサソープ